湘南七宝焼 SHONANSHIPPOYAKI ロゴ
HOME | 七宝焼のまめ知識 |

「素地と釉薬」編

<TEL>
0467-51-2050

<営業時間>
9:00〜18:00(土日祝は19:00)
ワークショップは10:00〜

<定休日>
水曜、第1・3火曜
臨時休業のお知らせはこちら

「七宝焼(七宝)とは、銅や金・銀などの金属生地に~」と記しましたが、簡単にいうと、「陶器・磁器」は、「土・粘土」を焼き上げて作る焼き物で、「七宝焼き」は、素地や土台が「金・銀・銅などの金属」の焼き物ということです。

表面の「釉薬(うわぐすり)」の主成分も基本的に同じですし、歴史的な成り立ちも同じです。
もっというと「ガラス製品」も同じ分野、親戚・家族みたいなものです。大まかな主成分も基本的に同じですし、発色の仕方、させ方も同じです。
ちなみに、ルビーやサファイアといった「宝石」もおおまかにいうと同じです。(詳しくは「彩いろいろ」編で)

ただ、合成樹脂(ビニールやプラスチック、エポキシ系など)で作ったものを、七宝焼きという方がいるのですが、これはまったく違います。素材・成分がまったく違います。

「疑似七宝」と呼ばれることもありますが、樹脂、ビニール、プラスチックは、「ガラス質(ケイ素、二酸化珪素、SiO2が主成分)」ではありません。樹脂ガラスという呼び名もありますが、主成分が異なります。
主に、有機物(石油系のものなどを含む)から生成されていますから、熱に弱かったり、有機溶剤に溶けたり、日光に長期間さらされると脆弱したり、変色したりすることがあります。
日本国内で一般的に「エナメル」と呼ばれていることが多いです。バッグや靴、ベルト、マニュキュアなどに使われているものです。

ここで注意して下さい!
実は「エナメル」とは「七宝焼(七宝)のこと」なんです。
「あれ?どういうこと?」と思われるでしょうが、英語で「Enamel」とは「琺瑯、七宝焼」のことなんです。

つづきは「エナメル・言葉編」で
テーブルウェア
テーブルのアクセサリー
彩りと輝きがアクセントに

テーブルウェア
インテリア・エクステリア
艶やかな彩りと輝きが
幸運も呼び込む

インテリア・エクステリア
彩りと輝きのアクセント
カジュアル&ポップにも

アクセサリー
アクセサリー
「うれしい・たのしい」
もっと彩る、艶めかせる

アクティビティー
(ワークショップ・イベント)
イベント・制作体験・ワークショップ
カスタムメイド(オーダーメイド)
大切な想い出や軌跡を
彩り輝かせる

カスタムメイド
(オーダーメイド)

表札(ネームプレート)
輝く銀箔、 グラデーション彩
名前が光る「蓄光釉薬」
カスタムメイドも

表札・ネームプレート