湘南七宝焼 SHONANSHIPPOYAKI ロゴ
HOME | 制作工程・七宝焼きの作り方 |

銀箔加工・銀張技法

銀箔穴打ち・銀張り・銀箔焼き付け
<TEL・Eメール>
0467-51-2050


<営業時間>
9:00〜18:00(土日祝は19:00)
ワークショップは10:00〜

<定休日>
水曜、第1・3火曜
臨時休業のお知らせはこちら
銀箔穴打ち
 銀箔に小さな無数の穴を開けます。
 厚みのある銀箔を使用する際には必要です。
開けすぎると仕上がりが良くないため
 綺麗に繊細に作業します。

 銀箔鈍し(なまし)
 柔らかくするため、高温で空焼きします。

銀張技法
模様を描いた銀箔を、ホーロー素地に貼ります。
 箔が弛まず「張る」ように作業します。
 非常に繊細な作業です。

銀箔焼き付け
一般的な七宝焼きの焼成温度より
 高温で焼き付けます。

銀箔の扱いや、焼き付けの際は
素地の色が変わったり焼き付け時の表情が変わるため
 特に繊細で気を使う作業です。
銀箔穴打ち

 細かな無数の穴が空いています。
銀箔焼き鈍し(なまし)

見た目には変わりませんが
やわらかくなるので
 揺らすと音が異なります。
Beauty is Gift
銀張り技法

 弛まないように素地に貼ります。
力を入れると模様が消えるので
 繊細な作業です。
銀張

なました銀箔に模様を描き
 素地に貼付けます。
銀箔焼き付け

 通常よりも高温で焼き付けます。
 温度の管理に神経を使います。